快適生活Navi  

発達の遅れがある子の支援は
早くから始めるべき?

楽しく言葉を引き出す指導方法

[PR by LITALICOジュニア]

発達の遅れがあるお子さまについて、「特別な支援が必要なのかな」と悩んでいませんか?

最初は言葉などが少し遅れていてもゆったり構えていたものの、年齢が上がるにつれて、周囲の子どもとの違いが気になったり、困りごとが増えてきて対応に困っているという方も多いと思います。

今回は、そんなお悩みを持っている方に、専門的な支援を受けることについて私の実体験をお伝えします。

いつまで経っても喋らない3歳の息子

私の息子は、なかなか言葉が出ず、話しかけても目を合わせて会話することができませんでした。

「~してほしい」といった要求を言葉で伝えることができないので、自分の思い通りにならないときは癇癪(かんしゃく)を起こして泣き暴れることも多くありました。

そんな息子と毎日を過ごす中で、つい私もイライラして息子を叱ってしまうことも…。

どのように子どもと関わるべきかわからず、途方にくれていました。

プロのサポートの必要性を感じ、療育施設探しをスタート

息子の発達の遅れに気づいたのは、1歳半検診で先生からの指摘を受けたことがきっかけでした。

その時、サポートの仕方などについて十分な説明はなく、まずは「様子をみましょう」ということに。

一方で、プレ幼稚園でお友だちとのトラブルが起きたり、他の子との違いが気になるようになり、専門的なサポートが受けられる教室探しを開始

児童発達支援や療育センターは空き枠がなくて困っていたときに、友人から発達障害のある子の指導実績が豊富な『LITALICOジュニア』という教室を教えてもらったのです。

発達障害のある子の教室「LITALICOジュニア」との出会い

LITALICOジュニアの幼児教室では、9か月の「マンツーマン特化型コース」を開講しており、子どもの特性や課題をしっかりと把握した上で、短期間で成長にコミットすることを大事にしています。

そして、ここでは医師からの診断が下りていないものの、発達障害の傾向があるグレーゾーンの子も多く通っています。

体験授業を受けてみると、教室の雰囲気がとても明るく、何より子どもがとても楽しそうで入塾することを決めました!

子どもをかんしゃくを起こす理由や言語の獲得ステップがわかった!

まず最初に行ったのは、子どもの特性や困っている課題の分析です。

「なぜかんしゃくが起こるのか」
「うちの子ならではの特性」
「得意と苦手」
などについての分析結果とそれに合わせたサポート方法などの解説があり、まさに目からウロコ!

必要なスキルの優先順位などを具体的にイメージすることができました。

50分飽きずに楽しめる!オーダーメイドの授業

分析結果に基づいて、まずは「自分の気持ちや要求を伝えられる」ことを目標に設定。

遊びの中で、「好きなおもちゃで遊びたい」といった要求をアイコンタクトや言葉で伝えることができたら、要求が通る(遊ぶことができる)ということを繰り返していきました。

その他にも言語聴覚士監修のプログラムに沿って、「伝わった!」という経験を重ねながら、自発的に発声が出たら、出す音を増やす、単語に発展、単語を増やす、というようにステップアップ!

先生方は様々な指導方法を用いて、子どもが飽き始めても、すぐに興味を持てるような工夫をしてくれることにも感動しました。

入塾9ヶ月で子どもの大きな成長を実感!

入塾当初は「あー」「うー」しか言わなかったうちの子も、3か月後には「パン」といった1語文、9か月語には「パン とって」など動詞を含む2語文で要求を伝えられるように!

発語の獲得にとって、とても重要な「遊びのスキル」も同時に獲得して、物をながめる”だけだった状態から、“ごっこ遊び”までできるようになりました。

言葉で要求することができるようになったので、かんしゃくを起こすこともなくなり、子どもと楽しく過ごせる時間も増えました^^

親が子どもへの関わり方に自信を持てるようになった!

LITALICOジュニアでは、親が子どもへの関り方を学べる仕組みになっていることも魅力です。

親はモニターで指導の様子を見ることができ、さらに授業後の振り返りで関わり方のポイントや工夫を教えてもらうことができます。

私自身が子どもへの関わり方に自信を持ち、前向きになれたのが本当に良かったです!

まずは70分体験でお試し!

子どもの発達の遅れが気になっていても、私のようにどこを頼ったらいいかわからない方も多いと思います。

LITALICOジュニアの体験授業では、それぞれのお子さまの困りごとから目標を立て、実際の授業を体験することができるので、まずは体験に参加してみてください。

体験授業では、保護者向けの勉強会もセットになっているので、子育ての工夫を知る機会としても活用いただけます。

お子さまの発達にお悩みの方は、ぜひ試してみてください!

 

会社概要
プライバシーポリシー